独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。メーカーの事務に転職しました。

精神的な病に侵さた話②

最初のパニック障害から何か月かして

もうあの時のことを忘れかけていた頃。

 

相変わらず仕事は忙しいし寝不足の毎日。

そのストレスでオールで遊ぶことが増えました。

 

あの苦しいやつにまたなった

その日はオールで遊んでました。

次の日に友達と約束があったので

逆にオールで行った方が効率がいいと思い

朝方に眠気を覚ますためデニーズで

大量にコーヒーを飲みました。

 

そして中野から立川に向かって中央線に乗りました。

約束は立川駅

ちょっと具合が悪いなーって思ったんです。

でもあと2駅だし、行くだけ行こうと

そのまま乗っていました。

西国分寺駅から国立駅のたった2~3分。

すごく長い時間に感じました。

 

そしてあと1分くらいになったところで

またあの苦しい発作が出てきました。

 

苦しい、とにかく苦しい

あの発作が出てきて、もう倒れるように国立駅に降りました。

降りてすぐにしゃがんで立てなくなりました。

すると通りかかった女性が声をかけてくれて

すぐに駅員さんが来て、車いすに乗せられ裏へ。

発作が全然収まらないので、また救急車が呼ばれ乗ることに。

 

病院に着くころには落ち着いて

ああ、また同じ発作が出たんだと思いました。

友達には今日はいけないと連絡をしました。

 

これがトラウマに…

この電車での一件がトラウマになり

パニック発作が癖になってしまいます。

 

中央線って、ラッシュ時はそこそこ混んでいるので

そこで発作が出たらどうしよう…とか思うと

怖くて電車に乗れなくなってしまうんですよ。

 

足がすくんで、乗れないんです。

無理して乗ると、足が震えて、体温が一気にあがり

息苦しくなってきます。

乗れなくて会社に遅刻することが増えてきました。

 

ああ、もう本当にダメかもってなって

やっと病院に行くことを決意します。