独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。不動産業界で働いているので、たまに不動産情報も書きます。

超初心者のためのマイホーム購入ガイド⑦

 先の事も考えて購入?

独身女性がマイホームを買う場合、将来どのようなことになっても安心なようにしなければなりません。

例えば一生独身だと思っていたのに、素敵な人に出会って結婚する事になった、親の介護で実家に帰らなければいけなくなった、などです。

 

今現在、ご結婚されている方でも、お子様の独立や離婚などで、家族構成が変わる事もあります。うちの会社でも離婚でマイホームを売りに出すという方がたくさんいらっしゃいます。

 

マンションと戸建はどちらがいいのか!?

マンションと戸建はどちらを選べばいいのか、悩ましいところですよね。

家族構成やライフスタイルによってもどちらがいいかは変わってくると思います。

それぞれのメリット・デメリットを書き出してみました。

 

マンションのメリット
  • 駅の近くに住める
  • 防犯面で安心感がある
  • 周辺に商業施設が多い場所に住める
  • 管理・メンテナンスが楽
  • 戸建より安い場合がある
  • 構造がしっかりしている
  • 人気のある地域であれば売却がしやすい
マンションのデメリット
  • ローンを払い終わっても管理費・修繕積立金がかかる
  • 駐車場代が別
  • 管理組合の理事が回ってくる

 

 戸建のメリット
  • 上下階の騒音を気にしなくていい
  • 土地を所有できるので建物の資産価値が下がっても土地としての資産価値は残る
  • 駐車場代がかからない
  • 管理費や修繕積立金がかからない
  • 自分好みの家を作れる
  • 庭がある

 

戸建のデメリット
  • 駅から遠い場合がある
  • こだわると割高になる(注文住宅など)
  • 修繕やメンテナンスを自分でやらないといけない
  • 近所の人がトラブルメーカーでも引越しを簡単にできない

  

 超個人的な意見

私がマイホームを買うとしたら、「売る」ことを想定にして購入をします。一生そこに住むって決めていても不測の事態は起こりうるものです。

そんなときに「すぐに売れる」「高く売れる」物件を選んでおくと、うまくすればローン残高よりも高い金額で売れることもあるのです。また賃貸に出すとしても、人気のエリアの物件であれば借りる人も見つかりやすいです。

 

仕事で、ローン残高があるから価格を下げられず、ずっと売れ残っている中古物件をたくさん見ます。自分にとって住みやすい場所でもその他大勢にとって人気のない場所だと売れ残ってしまう可能性が高いです。

ある程度人気のある地域であれば、多少値段は安くても業者が買い取ってくれます。そうでない場合はニッチな人を待ち続けなければなりません。その間もローンの支払いは続きます。

 

じゃあ、売れる物件ってなんだ?ってことなんですけど、要はみんなが欲しがる物件です。ベタな条件のやつです。

駅近、周辺に買い物施設がある、築年数が古すぎないなど。

 

あとは間取りです。間取り大事ですよ。

3LDKよりも2LDKがいいです。理由はシングルでもファミリーでもどちらにも売ることが出来るからです。もちろん、家族が多くて2LDKじゃ手狭だなって場合もあると思うので、あくまでも私が今の状況で買うとしたらの場合です。

 

夢のマイホームですが、資産価値もちょっとだけ考えながら選ぶと良いかなーと思います。 

 

 

女性のためのマンション購入ガイド―年収300万円でも買える (別冊美しい部屋)

女性のためのマンション購入ガイド―年収300万円でも買える (別冊美しい部屋)

  • 作者: 女性のための快適住まいづくり研究会
  • 出版社/メーカー: 主婦と生活社
  • 発売日: 2010/11/10
  • メディア: ムック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る