独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。メーカーの事務に転職しました。

ドラマ「花のち晴れ」を見ると恋愛スキルが上がる

主人公の音の周りにいる男子

神楽木も天馬くん、どちらと音は結ばれるのでしょうか?

原作を知らないので、どうなるかわかりませんが、個人的には天馬くんと結ばれて欲しいです。

 

典型的な少女マンガだと、王子様な天馬くんよりも、身近にいて自分らしくいられる神楽木と結ばれるのが典型です。少女マンガの王道だとそうです。実際に子供のころ読んでた少女マンガでは神楽木タイプの男の子と結ばれるのが幸せだと思っていました。

 

でも、人生経験を積んだ今は、もう絶対に天馬くん推しです。

あんなに優しくて自分の気持ちを素直に言ってくれる人、大人になるとなかなか居ないですよ。ドキドキする人よりも安心できる人といる方が長い目で見て幸せになれると思うんですよね。

 

前回のお話では、西留めぐみが神楽木と仲良くして、音が嫉妬していましたが、天馬くんが他の女の子に好かれて仲良くしている姿を見たら、天馬くんにだって同じ思いを抱くと思います。天馬くんが音に一筋だから気づかないだけで、人に取られるって思ったら惜しいって思うのが人間です。

「自分らしく」というのもなかなか難しいもので、天馬くんと一緒にいるときの心が穏やかな自分の方が、会えば嫉妬でイライラしてしまう神楽木といる自分を比べたときに、どう考えても前者の自分の方が人間として好きになれると思うので、原作はどうであれ、ドラマでは天馬くんに幸せになって欲しいな。

 

無意識の駆け引き?

音は無意識に神楽木にも天馬くんにも「手に入りそうで入らない」距離感なんですよね。こういう女の子はモテます!笑

神楽木も天馬くんも音に対して「壁がある」と言っていました。その壁は、音をミステリアスにしてとても魅力的に見せている効果があります。

そしてふと見せる弱さだったり、あなたのことを分かってる感で、男子はイチコロです。

 

手に入りそうで入らない距離感は難しい

 

恋愛には「手に入りそうで入らない距離感」が大事っていうのは、頭では分かっているんですが、実行に移すのはなかなか難しいですよね。相手が好きな人だったら、更に難しいです。

そういうときは、心で動くのではなく、「ルールズ」のように決めて行動する方が上手くいくときがあります。

「自分から電話しない」や「自分から声をかけない」などは、実践するのは難しいですが、自分を安売りしないという点では有効です。もちろんケースバイケースなので、二人の距離感や温度感で自分から電話する事も必要かとは思います。

ルールにこだわりすぎて相手を見なくなってしまっては本末転倒ですから。

 

とはいえ、恋愛すると猪突猛進になってしまうという方には一度読んでほしい1冊です。 

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

THE RULES―理想の男性と結婚するための35の法則 (ワニ文庫)

  • 作者: エレンファイン,シェリーシュナイダー,Ellen Fein,Sherrie Schneider,田村明子
  • 出版社/メーカー: ベストセラーズ
  • 発売日: 2000/05/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 12人 クリック: 116回
  • この商品を含むブログ (47件) を見る
 

この本を人生で2冊買いましたが、2冊とも友人に貸して戻ってきていません!

役に立ってるかなぁ?

ちなみに、私はルールズのルールは守れなかったのでシングルのまま今に至ってます。笑