独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。メーカーの事務に転職しました。

マイホーム購入時の不安の解消法について

超初心者のためにマイホーム購入について書いてきましたが、何にも知らない人も調べまくってる人にも共通することがあります。

 

それはローンを組む際の不安です。

たくさん調べてても、調べてなくても、大きな借金をするのは誰でも不安になるようです。

うちに来るお客様もお申込みはしたけど、家に帰って冷静に考えて、35年のローンを組むことに怖さを覚え、後日キャンセルしに来るという方が少なくないです。

 

家があれば住むところには困らない安心感を得ることが出来るので、独女の私でもマイホームが欲しいという気持ちはあります。

ですが、大きな買い物なので考えてしまいます。このまま賃貸で暮らして、年を取ったら賃貸を貸してもらえなくなるかもしれない不安と、ローンを組む不安とせめぎ合ってます。

 

 

マイホーム購入時の不安の原因はなんだろう?

ハッピーなはずのマイホーム購入で、不安な気持ちになるのはなんでなのでしょうか。

 

  • 35年先も働けているか不安(老後のこと)
  • 働けなくなったときの不安
  • 収入が低くなった時の不安

 

といったところが多いようです。

不安になるのは普通の事です。みんななってます。

むしろならない方があとで心配になります。

 

少しでも不安を減らすには…?

不安は誰でもなりますので、その不安を少しでも減らしたいですよね。

それにはやはり資金計画をしっかりする事だと思います。

 

ローンの35年の間には色々なことが起こります。お子様がいる方は学費なども年々上がってくるでしょうし、親の介護なども必要になってきたりと不測の事態も起こると思います。

 

資金計画を立てるというのは、今後の人生設計を見直すいい機会になると思うので、マイホーム購入で不安になったときこそチャンスです。

 

働けなくなったときのことを考える

住宅ローンを銀行等で組む場合に「団体信用生命保険」というものに加入します。

不動産の営業は旦那さんが働けなくなったり、死んだ場合はローンの支払いしなくていいですよ―的な簡単な説明しかしてくれない場合があります。

働けなくなった人が全てローンを免除されるかというと、そういう訳ではありません。

 

団体信用生命保険で保険金が支払われるのは、基本的に死亡・高度障害状態のときなので、通常の病気やケガで働けなくなるのは保証されません。

ですので、その場合は働けない上にローンの返済も有るという状態になります。

短い期間であれば、有給休暇や傷病手当金といった制度を活用しながら、貯金を切り崩して急場は凌げるかもしれませんが、その働けない期間が長期間に及び、収入が減少したなかで、毎月の住宅ローンを返済し続けていくことは苦しいです。

そういった事も含めて、他の保険を検討したりして、リスクをなるべく減らすようにしていくと不安が和らぎます。

 

こういうことは、不動産の営業に任せきりにせず、助言は参考にしつつ自分でしっかり考えることが重要です。

なんでも自分で決断したことであれば後悔は少ないと思うので、マイホーム購入時は今後の人生について考えるいい機会としてみるのはいかがでしょうか?

 

もちろん、マイホームを購入せずに賃貸でいく生き方もあると思います。

賃貸の良いところは借金をしなくていいのと、好きな場所に住めることです。

職場が変わったり、親の介護で実家にもどらないといけない場合など、賃貸であれば身軽に移動できるので!