独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。メーカーの事務に転職しました。

転職イベントに行ってきました

地元で転職イベントがやっていたので友達と行ってきました。

どのブースも地元の企業なんだが、あんまり魅力的な企業は見つからず。

 

求めている人材は、営業が多かったです。それから介護の会社も有りました。

どちらも人出を欲しているけど、来ている人は事務職の人が多かったりとミスマッチです。

私は、とりあえず情報収集で行っていたので良いんですが、なかなか転職って難しいですね。

 

30分くらい見て、1件お話聞いて、それで帰ろうとなりました。

会場を出て、エレベータに乗って1階に降りたところで、男性に声を掛けられた。

「すいません、いま転職イベント来てた方ですよね?

 よかったら、うちの会社の説明させてもらえませんか?」

つかまりました。

こういうことってあるんですね。

つーか、会場で声掛けろよって思ったけど、つかまっちゃったので少しお話しました。

 

その営業さんは保険会社の営業で、私たちを見かけて声をかけたとのこと。

「こちらも誰にでも声をかけてるわけじゃないですよ」

「第一印象が良い人にしか声掛けてないです」

「広角が上がってるかとか見てたんです」

「どこかに座って説明させてもらいたいです」

「素敵だなと思ったので一度会社見学にきませんか?」

「交通費は出しますので!」

必死かよ。

 

たまにね、営業向いてるとか言われるんですが、営業って仕事はただ愛想がいいとか、明るいとかじゃ勤まんないと思うんですよ。

そんな甘いもんじゃない。

ずっと事務職しかしてなかった私に、未経験の業種で未経験の職種はハードル高いです。

どうせ営業をするなら、ある程度のことはわかってる不動産業界でやるほうがいいよなーと思う。

 

そういえば、昔ハローワークに行った帰りに、同じように女性に声掛けられて、それもやっぱり保険会社の営業だったな。

保険会社の営業さんって大変なんだろうか?

 

仕事は世の中にたくさんあって、仕事を求める人もたくさんいて、でもマッチングが上手くいかないよなーって思います。

 

 

いろいろと考えると、まだ今の会社はマシだなと思ってきました。

職場の人間関係は良好で、みんないい人。

仕事も私の能力を求めてくれているし、自分の能力を活かせるのはとても嬉しく思う。

ただ、有給が無くて、いつクビになってもおかしくない経営状況で、社長が気分屋なだけなんです。それだけなんです、問題は。

 

一生働くであろうことは確定だけど、未来の自分がどうやって働いて生活をしているのか想像ができません。

今、何かをやらないと取り返しのつかないことになりそうという焦りだけ有る状態です。

今後、どうやって生きていくかを含めて、しっかり考えないといけませんね。