独女のたしなみ

世の中の隅っこで、ひっそりと生きてる独女です。 美容と筋トレについて書いてます。メーカーの事務に転職しました。

病気、こわい

「健康診断でなんか見つかったらこわいから受けたくないなー」
って言ったら、妹に
「見つけるために受けるのに何言ってんの?」
と呆れられました。

そりゃ、その通りなんだけど、緑内障ですって言われたときも、多少なりともショックだったし、健康診断でもっと大きな病気が見つかったら、すんごいショック受けるから、それが怖いんだよな。

妹いわく
「病気なんて早く見つかって早く治療するのが一番いいんだから!」



私がリウマチになったときは18歳だったので、病気になったことも嫌だったし、病気を受け入れる余裕もなかった。
10年かけて病気を受け入れて、病気と一緒に生きていくと決めたら、何故かリウマチが治ってしまって、今は痛みもなく生活できています。

受け入れて共に生きようって決めたら治るなんて、すごく不思議でした。

その経験があったから、緑内障って言われたときも、受け入れるしかないって、いい意味で諦められたのかもしれないです。
病気になったら受け入れて共に生きていくしかないので、うまく病気と一緒に生きていく方法を探すのが建設的って思います。


ただ病気が分かったら受け入れられるけど、見つかるかも?って不安に思う気持ちはどうしても沸いてきてしまう…臆病者です。